« 安全運転 | トップページ | 私にできること。 »

2007年1月29日 (月)

新人さん、いらっしゃぁ~~い

2007年も普通に。。。時間だけは過ぎていますが、皆様いかがおすごしでしょうか??相変わらず仕事では結果をだせず、「あなた、なに??」と所長に白い目を向けられ、痛い視線に気がつかない振りをしながら生きております。

どこの世界もややこしいのは人間関係です。処世術の本や気持ちを前向きにする本は本屋にあふれてて私も目を通したりしてますが、それよりも

「こんなときど~~する??」

と実践で使えるマニュアル本がほしい!!!ドラえもんのポケットから出してください!!と願わずにはいらえない、マニュアル世代の私でございます。

さて、そろそろ二月にさしかかろうかという頃の私の会社にお客さまご一同がやってまいりました。彼らは・・・・

2007年春入社予定の内定者ご一同様

です。よく耳にはします内定者向けの説明会であったり懇親会であったり。今年初めて私の会社でも配属部署主催で行うこととなったのです。会社への不安感を少しでも和らげて内定辞退を少しでも防ぎたいという目論見です。そんなうわつくりなことをしても、現実知ったら嫌な人はやめていくのにね(笑)

この時期皆さん忙しく、彼らの案内役を私がすることになりました。上司には

「くれぐれも、丁重に接するんだぞ。ガッカリさせないようにな」

と口をすっぱくするほどいわれます。しかし、お金も時間もないので彼らには社内見学や管理職の皆様への挨拶、そして所長と今年入社の先輩社員を交えて茶話会をすることにしました。

今回やってきたのは、男性二人と女性二人の計3名。三人とも関西からやってきたそうでここまで4~5時間かかったとか・・・お疲れ様です。この春から生活する土地に来るということもあってかなり緊張していました。が、次第に慣れてくると・・・

「遊ぶとこどこかありますか?」

「車なくともやっていけますか?」

「仕事はきつくないですか?」

「買い物できるお店とかありますか?」

と思わず耳が痛くなる質問が飛び交います。大阪・京都に比べると山陰はなかなか同じレベルのものを満たすのは難しいかもしれません。でも、自然や観光スポットも多いし、雪さえ乗り越えればいいところです。

どうすごすかは、彼ら次第でしょう(^^)

見学会も何事もなく進み、所長や先輩社員を交えた茶話会も楽しいおしゃべりの場となりました。所長と出身大学が同じ内定者がいて、京都の詳しい土地の話まで出てきていました。内定者もリラックスできたみたいでこちらも一安心。

私や会社としては、彼らがその後内定辞退をせず、4月にこの土地に戻ってきてくれることを願うばかりです。

私が社会人となるころは超がつくほどの就職氷河期でとても苦労しました。内定もらったはいいけど、配属部署がわかったのは入社一ヶ月前。それを思うと彼らは非常に恵まれているように思えます。

ただ、これから新たな世界へ飛び込む彼らも不安でしかたないところもあるのだろうからお互いにうまくやっていけるように・・・です。

さぁ。。。4月になればうちの部署にやってくる新入社員の窓口となる仕事が待っています。逃げてる場合ではないみたいです。

|

« 安全運転 | トップページ | 私にできること。 »

コメント

内定者ご一行様の接待(?)お疲れ様でした!「仕事はきつくないですか?」って質問が出るあたり、学生さんならでは、ってカンジがしますね~。
来年度入社の学生さんと今就職活動中の学生さんは、すんごい売り手市場らしいですね。バブルの再来とか?はっ!うらやましいぜ!コンチクショー!(`Д´)
ワタシたちのときは氷河期で大変でしたね。説明会の参加申込するも返事なく。説明会に参加しても「先日で人員確保できたので、今日来た方はお帰りくださーい」と帰されたり。苦い思い出が山ほどあります。でも、生まれる年は選べないですしねぇ・・・。「若いときの苦労は買ってでもしろ」の格言が真であることを意地でも信じます(^^)

投稿: ダラムシャ | 2007年2月 5日 (月) 20時46分

そうなんですよ!!我々氷河期世代でしたのでとてもっとても苦労しましたよ。
ダラムシャさんのような経験もしましたし、希望の会社は「今年度の採用予定はありません」なんてあっさり表示を出すし・・・
売り手市場なんですよね。入社受験希望者を増やすために採用イベントとかうって、それに借り出されたり・・・

そして、辞められないように色々手を打ったり。我々をもっと大切にして(><)といいたくはなります。
その格言を私も信じます(;;)

でないと、やってられません(笑)

投稿: cicada | 2007年2月15日 (木) 16時40分

この記事へのコメントは終了しました。

« 安全運転 | トップページ | 私にできること。 »